色々なバルトレックスの薬
ヘルペスウイルスに絶大な効果と実績を誇るバルトレックスを総合的に紹介しています。服用方法や副作用など取り扱いに関するものは勿論の事、同成分で安価な購入が可能なジェネリック医薬品にも言及しています。

バルトレックスのジェネリックを使ってみる

バルトレックスはヘルペスウイルスによって生じる様々な症状に対して処方される医薬品ですが、その価格は他の医薬品と比べても高額であるところがネックになっています。
現在の薬価は1錠当たり436.00円となっていて服用は1日2回、それを5日分処方してもらうと4360円になります。保険適応になってもまだ値段が高く、再発をしてしまうたびに何千円も支払わなくてはならないのですから、ヘルペス患者にとっては非常に重い負担となるでしょう。

ではバルトレックスはどうしてこんなに高いのかというと、多くの場合は「先発品だから」というのが理由です。先発品とは各医薬品メーカーが独自に研究をした末に作られた新しい医薬品のことで、バルトレックスの場合はグラクソ・スミスクライン社が製造販売するものが先発品に該当します。同社は、特に研究開発志向が強いという社風でも知られており、アセチルコリンという神経伝達物質の研究などで医学・生理学賞を受賞したサー・ヘンリー・デールなど複数のノーベル賞受賞者を輩出しています。しかし、医薬品を作るのには高額なコストがかかるため販売価格も高くなりやすく、それによって患者の負担も大きくなってしまうわけです。加えてバルトレックスは性病、ヘルペスに対して処方されることが多いのですが、まだ症状が出ていない人に対しては保険適応がされないケースもあります。

しかし、今迄は高い価格をしぶしぶ受け入れるしか無かったバルトレックスも、現在ではかなり様子が異なってきました。理由は2013 年12月にバルトレックスの特許が切れたため、同等の効果を持つジェネリック医薬品が出てきているのです。先発品の半額近い242円ほどの薬価で販売されるジェネリックが増えてきていますから、もしバルトレクスを使わなくてはならない状況になった際は、医師に対してジェネリックの処方を求めると安く治療を受けられる可能性があります。

国としても医療支出を抑えるためのジェネリック使用は推奨していますから、費用負担を軽くするためにもジェネリックの使用を申し出てみることをお勧めします。

関連記事はこちら